.

Bienvenu à mon blog.

tricolore de paris

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

19
2014  20:21:33

バカロレア(baccalauréat)  フランスお受験


Bonjour(Bonsoir)


サ・ヴァ~?(Coucou, ça va?)

早く紹介したかった記事なんですが・・・

体調が悪かったので、PCと向き合う気がしなくて・・・
遅れてしまいました

ちょっと、硬い・教養溢れる記事なので確り着いて来てね!

今週16日からフランスでは、バカロレアが始まりました
baccalauréat  通称Bac(バック)

viewmultimediadocument.png


大学入学資格を得るための全国 統一国家試験の事
バカロレアに合格すれば大学に入学出来る資格を取得出来る

1808年にナポレオン1世が始めたもので、フランス全土で
共通問題が出されます
各自の進路ごとに受ける教科は違ってきますが・・・

まっ!  日本のセンター試験と言ったところでしょうか・・・

けど・・・   中身は全然違う!

センター試験と言えば、「マークシート」 塗りつぶすだけの
当て物みたいなギャンブルぽい部分もありますが・・・
運のいい人は合格かも?

バカロレアはマークシートの様な選択問題はありません
ド~~~ンと大きな問題が出され、一教科あたり3~4時間かけて
ひたすら、それについて書きます


バカロレアに合格すればどの大学にも入学することが出来ます

工工エエエエェェェェェヽ(゚Д゚;)ノ゙ェェェェエエエエ工工

 でしょ!   でしょ!

そう ・ そう  言い忘れておりました

フランスには、 私立の大学は“有りません”
パリには、宗教色の濃い学校が1校ありますが

みんな国立・だ・か・ら、授業料は無料・タダ

これが日本だったら間違いなくみんな、東大・京大・阪大
フランスだったらパリ第1・3・4大学に入りたいよね!
(俗に言うソルボンヌの事、ソルボンヌ大学とは言いません、正しくは第1・3・4大学です)

でも、心配無用フランスはどこの大学に入学しても同じ
だって、偏差値なんてものが無いんです!

何を学んだか? 中身重視
日本の様に大学のネームバリューだけでは通用しません!

でも、定員を超えた場合はバカロレアの成績や居住地などに応じて、
入学できる大学が決まります

書類選考はちゃんとあります


バックの合格率は大体70~80%

まっ!  まじめに勉強していれば7・8割の学生は入学出来るんです

けど・・・

よく言われる事ですが・・・  日本と違うのは
入ってからがほんとに大変

年度ごとの履修試験は厳しいなんてもんじゃない

文学みたいな課程でも、一年目で半数が落第する
落第が許されるのは一回限り、二度落第したら転進を余儀なくされる

間口は広く開放しているけど、卒業証書取得にはそれなりの力が
要求される


バックは、3コースあります
1、 一般バカロレア…大学やエリート養成機関への進学希望
2、 技術バカロレア…工業技術や社会福祉などの専門職希望
3、 職業バカロレア…おもに進学せず卒業後の就職希望

18歳の若者が将来の目標や何をするかなんて、なかなか
決められませんよね
なので、当然取り合えずみんな一般バカロレアを受験しそれから
将来の選択をします

技術バカロレアは、そのまんま技術系のお仕事に就く場合に受験
例えば・・・ パン職人 ・ パティシエ なんか・・・

職業バカロレアは   一般の事務職など・・・

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

一般バカロレアも
・ 科学系(scientifique、通称S)
・ 人文系(littéraire、通称L)
・ 経済・社会系(économique et sociale、通称ES)と分野別に
分かれている3つのうち科学系が最も難しく、科学系卒業者は
全ての分野の職業に就けるとされている
                          -Wikipedia- より




16日・1日目は毎年好例 “哲学” から始まります
理・文・社会科学系問わず必須!


logo_france2.png20hのニュースで問題が紹介されていました


              小論文4時間・1問選択
               
20140617_001.jpg

      Suffit-il d'avoir le choix pour être libre ?
      自由になるためには、選択をするだけでよいのか?

20140617_002.jpg

      Pourquoi chercher à se connaître soi-même ?
      なぜ自分自身を知ろうと追求するのか?

20140617_003.jpg

      Vivons-nous pour être heureux ?
      私達は、幸福になるために生きているのか?


ちなみに、一般バカロレア・哲学の問題

Série L (Littéraire) 文学コース
・1er sujet : Les oeuvres d’art éduquent-elles notre perception ?
 芸術作品は私たちの知覚を育むのか?
・2ème sujet : Doit-on tout faire pour être heureux ?
 幸せになる為には何でもするべきか?
・3ème sujet : Expliquer le texte suivant :
        POPPER, La Connaissance objective
 次の内容を説明せよ : ポパー『客観的認識』

Série E.S (Ecomonie et social) 経済:社会コース
・1er sujet : Suffit-il d’avoir le choix pour être libre ?
 自由になるためには、選択をするだけでよいのか
・2ème sujet : Pourquoi chercher à se connaître soi-même ?
 なぜ自分自身を知ろうと追求するのか?
・3ème sujet : Expliquer le texte suivant :
        Hannah ARENDT, Condition de l’homme moderne
アンナ・アレント『人間の条件』の内容を説明せよ

Série S (Scientifique) 科学(理系)コース
・1er sujet : L’artiste est-il maître de son oeuvre ?
 芸術家は自分の作品を思い通りにできているのか?
・2ème sujet : Vivons-nous pour être heureux ?
 私達は、幸せになるために生きているのか?
・3ème sujet : Expliquer le texte suivant :
        DESCARTES, Règles pour la direction de l’esprit,
 デカルト『精神指導の規則』の内容を説明せよ

と、まぁこんな感じ・・・

18歳の若者に解かるんでしょうか?
いい歳したOkanでも、無理!

フランスらしいと言えば “らしい” ですが・・・

答えの無い問題にきちんと筋道をたて、納得してもらえる様に
説明が出来る人間を育てる、フランスの教育なんですね!

道理で、フランス人は議論好きなわけです!

ちなみに、サルコジ前大統領はこの哲学の試験1回落ち
再試で合格、後々の語り草となってます

バック スケジュール
6月16日 哲学
6月17日 歴史、地理
6月18日 現代国語、第一外国語
6月19日 文学
6月20日 ラテン語、古代ギリシャ語など
6月23日 外国語、もしくは地域語

がんばれ、受験生!


では、またお暇な時にでも覗いて下さいね σ(゚ー^*)

Au revoir et à bientôt



またね~(@^0^)/~

                                A suivre...

最後まで、読んでいただきありがとうございます
こちらをクリックして頂けると更新の励みになります


    Merci      ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

 Nouvelles

- 0 commentaire

Merci pour ton commentaire !

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。