.

Bienvenu à mon blog.

tricolore de paris

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

15
2016  16:15:42

Airbnbを使ってみた感想と問題点…長文ですみません!


Bonjour(Bonsoir)

Coucou, ça va?

Okanです

旅行で何が大事かって、やっぱりホテル等の宿泊場所
飛行機は、たかだかフライトの時間だけだから
○華系じゃなければOkanはOK

でも、宿泊施設は寝に帰るだけと言っても、衣・食・
歩き回ってクタクタで帰る場所が、今イチな部屋だと
気分も暗くなってきます
リラックスする場所なだけに、居心地のいい部屋にこだわりたい
ホテルは、飛行機や列車の座席のように、ココの部屋とか選べない
アサインされた部屋には、当たり・外れが
部屋に入るまでドキドキ、ドアを開けて当りだったら喜び
ハズレだったら帰国日までこの部屋か、、と、暗~くなり
旅の印象も違ってくるもの

その点、アパルトマンはいいよね
もちろん、部屋も選べるし眺望も
ホテルに比べて部屋も広めで、割安なところが多い


毎度、前書きが長くなりました(苦笑)

さて、前回のつづき
今回お世話になったAirbnb
けど、お世話になる、と言う感覚は全くありません
Airbnbとの、メール等のやり取りは全く無し
PCの向こう側に、人が居るっていう感触無し
ただサーバーから事務的なメールが送られてくるだけ

サイトでアカウントを作って、物件の検索をして
気に入ったのがあれば、サイトからホスト
(家主・Airbnbではホストと言う)に、宿泊のリクエストを送る
ホストは受け入れOKなら、承諾の連絡をサイト経由で
ゲストにメールを送る
これで、契約が成立  あっけに取られる位に超~簡単

アカウントは、Facebookのアカウントがあれば、それをそのまま
使うことが出来ます
持ってなければ、Airbnbで新たに作ってください
Okanは持ってないのでAirbnbで作りました
身分を証明する公的な証明、免許証とか旅券が必要
写真も登録した方がベスト、ホストも相手の顔が見えないと
不安ですからね
宿泊費の引き落としの為の、クレジットカード情報も必要

宿泊の承諾が得られれば、すぐさまクレカから引き落とされる
(締日により引き落とし月は様々)

使ってみた感想は、特にトラブルもなく快適に過ごすことができた
ちなみに、ホストとアパルトマンの感想

Airbnbに関しては今もよく分からない

☆ホストはゲストが宿泊をして、24時間後に料金を受け取ることが出来る
 不泊や、ホストに会う事が出来ず宿泊不可、部屋が著しく写真と違う
 など、トラブル防止策だと…
↑の事から、何か重大な問題点があればAirbnbに連絡を入れる
 この連絡先の電話番号、サイトから探すもなかなか見つからなかった
 
 +81 3 4580 0999(日本)

国際電話なので料金発生、フランス国内の電話番号もあるけど
出てくるのは多分フランス人、英語・仏語・言語が出来ないと
使えない番号
緊急時なのに、なんで? フリーコールじゃないのって思う!!


Okanが利用したアパルトマン、チックインはホストさんと
待ち合わせをし、部屋に通され鍵を受け取る、一通りざっと
部屋の説明を聞いて完了

(多分このパターンが多いと思う、中には24時間チェックインOKな
物件もあり、カギの保管場所の連絡が事前に送られて来るのかな?)

これで24時間後、何もなければホストさんはAirbnbから
口座へ宿泊代金が振り込まれるわけ

チェックアウト
退出時は、カギを置いて部屋を出るだけ
これで、チェックアウト終了

ホストさんと会う事もないので、苦手な外国語での会話も要らない

でも、問題なのはココから…
このシステム怖くない?
(退室に立ち会うホストさんも居ると思うけど)

ホストは部屋に何か問題がないかチェック
もし問題(破損・盗難・水漏れ等)があったら、24時間以内に
Airbnbに連絡(証拠写真送ったり)、24時間を過ぎるとダメみたい

ゲストにも、この件でAirbnbから連絡が入り保証金が発生する
楽しかった、パリの旅行も一変にイヤア~な思い出に変わる(泪)

そもそも退室時、お互いに破損や不備の確認をしないのは大問題
このシステム、トラブルになるのは、小さな子どもでも分かること

思い当たる節があるならまだしも
運悪く非常識なホストに当たったりしたら、言いがかりや
破損の偽装など起こらないとも限らない
実際この手のトラブルは、いっぱい
壊した!! 壊してない!!  ゲストは証拠なんて持ってないよ

保証金は、ホストが決めています
保証金自体は、宿泊料金に含まれていません
あくまで、何か問題があった場合に後で請求される

Airbnbは人が動く仲介業者というより、ただゲストとホスト
(需要と供給)にサイトを貸して運営しているという印象
あくまでも個人対個人なので、宿泊料金も安いわけ

Okanがいつも利用するエージェントは
退室時も、家主が立会い部屋のチェックをします
問題なければ、入室時に預けておいた保証金を返してもらいます
(部屋に似合った保証金、一般的な部屋で200ユーロ位)

*疑問なのは、部屋を借りるのには住宅保険(15~45€位)
に入らないといけないのだけど…
そこから処理出来ないのかと?

宿泊料金は前金として、予約完了時に家賃の1割程度
引き落とされます、残りは入室時に現金で
宿泊料と保証金、まとまった金額を現金で支払いなので
毎回、大金?を両替するのと持ち歩かないといけないのが
ストレス・心配
でも、宿泊前に全額引き落とされるよりいいかも…
アナログな方がいい(Okanの感想)

その点Air…は、直接お金のやり取りは無い
住宅保険も入らなくてよい
入室はともかく、退室が簡単(リスク有)
簡素化された経営で利用料金(手数料)も安い
物件が豊富・料金が安い

いずれの会社も長所・短所あります
利用する側がそれぞれの旅のスタイルによって
上手に使い分ければと思います
(何に?重きをおくか??)

FotoJet Design 4
今回のアパルトマン
詳しくは、次回の予定


最後まで、読んでいただいてありがとうございます♡♡♡
また、お暇な時に覗いて下さいね σ(゚ー^*)

ランキングに参加中です
次回も読みたいなと思ったら、ランキングバナーの
Clickお願いします よろしく ♡♡♡

1日1回clickして頂くと、更新の励みになります♪
応援よろしくお願いします 💕


にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
Cliquez ici.

Au revoir et à bientôt 
♫*:..。♡*゚¨゚゚・ Merci ♫*:..。♡*゚¨゚゚ __B__400x400.jpg




                              suivre…
スポンサーサイト

 Voyage à Paris

- 0 commentaire

Merci pour ton commentaire !

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。