.

Bienvenu à mon blog.

tricolore de paris

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

29
2015  17:01:03

SNCFの駅・偶然出会ったふたりがピアノで奏でるアドリブで息の合ったセッション・・・♪駅が感動でつつまれる


Bonjour(Bonsoir)

Coucou, ça va?


Okanです

さて今日は、、 
何もしないで休息日とします…w
"おこた"に入って、みかん食べながら更新 楽ちん!!楽ちん!!!
明日・明後日は朝からフル回転な一日になりそう(苦笑)

また・またtwitterで見つけた「いいね!!」と思ったお話しを、、、


uploaded.jpg


人が忙しく行き交う駅を通り抜ける旅人にとって、音楽が聞こえてくるのは心地よいものだ。
SNCFはいくつかの駅に、誰でも自由に弾けるピアノを置いている。
「A vous de jouer(あなたが弾く番ですよ)」として知られているこのピアノが、今年3月に小さな奇跡を起こした。
幸運な旅行者は本当のショーを体験することが出来た。
全く初めて知り合った2人が美しい二重奏を披露したのだ。



ピアノの前に座り、ルドヴィコ・エイナウディの「Una Mattina」を披露する男性。
そこに、白いシャツを着た男性が近づいて、「素晴しい」と言った表情で見つめていた。するとその男性は、突如演奏に加わり、演奏にオリジナルのアレンジを加え始めたのだ。

二人の男性は曲が進んでもほとんど互いを見ることはなかったが、徐々に立ち止まって演奏を聴く旅行者の数は増えていった。

2:50あたりで、二人の演奏の盛り上がりはピークを迎え、4:30頃に再び盛り上がった。この時には駅全体が彼らへの畏敬の念で停止したかのようだった。

盛大なフィナーレの後、彼らは控えめに肩をすくめ、ハイタッチだけして演奏を終えた。音楽は世界共通の言語とよく言われるが、音楽が持つ魔法をこの場にいた人は身をもって体験したのではないだろうか。
The Huffington Postよりペースト

SNCF“例”のインフォメーション「トゥ・タッ・ターラ」いいね!! 好きです
スマホの着信音で使いたいなぁ~
あの、メロディーを聞くと、フランスに行きたいって思う

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

日本の主要なJRの駅は、ショピングエリアも充実していて
列車の待ち時間などは、退屈することもないし、返って時間つぶしも
楽しかったりしますが…
フランス国鉄SNCFの駅舎は歴史のある建物が多くて、
(サンラザール駅は内部が近代的になりましたが)
ショップも少ないし、ギリギリに表示される列車のホームを確認
するため、上を見上げている人がいっぱい(Okanもです)
そんな時、ピアノの音が聞こえてくると、旅情を搔き立てられるし
ほっとして、少し緊張もほぐれ癒されます
(特に、一人旅のOkanは、、、)

コンコースでピアノコンクールなんてイベントもありました
ピアノを弾いてピアノ(YAMAHA)が貰えるそうです (少年が優勝)

日本にも、駅とは言わずショッピングモールなどにも
ピアノが有ればいいなと、思いました!!

が…
シャイな日本人は、大人は弾かないけど
小さな子どもがデタラメ弾いて、うるさいだけかも??ですね、、きっと
最近の親は、子どもを叱らないからね
フランスの子ども達を見てると、どんなに小さくても
ちゃんと、しつけされてるなって感じます
フランスの子育ては、ちょっと参考にしたいと思います

ふたりが弾いている♪Una Mattina♪は、『最強のふたり』で
流れていた音楽♪

ちなみに、ウン十年前Okanがまだ、高校生の頃
兄の影響で京都にある有名なジャズ喫茶『しあんくれーる』へ
行ったことがあります

m_Image0019-11238.jpg

当時の音楽雑誌「スウィング ジャーナル」にもよく紹介されて
アンプやスピーカーなど、外国製のかなりハイレベルな音響装置で
ジャズ好きの聖地的な喫茶店でした

立命が直ぐ近くにあって、回りには京大・府大や同志社も
あり、学生達のたまり場だったよう
京都市は、狭いところに大学が沢山ある学生街の街です

ここが有名になったのは「二十歳の原点」の著者・高野悦子さんが
よく通われていたお店で、本にも出てきます
高校の頃は、本当に良く本を読みました
思い出した、「きけ わだつみのこえ」(通称:わだつみ)は、感受性の
強いJKのOkanには、かなり衝撃を受けました

そう言えば・・・
しあんくれーる「champ clair(明るい場所)」は、フランス語
日本語で書くと、「思案 暮れる」の意味も
当時は全然フランス語だなんて、知りませんでした

ぐだぐだと、個人の思い出話しになった今日のブログ
すみません!!  

さて、、、
このブログも、今年の更新はこれが最後・・・
明日から2日間、怒涛のように忙しいです

これで、今年は店じまい

一年間のご愛読ありがとうございました
来年も、よろしくおねがいいたします 💕😘😉

eto_line.jpg

💕bonne fin d'année💕 
   良いお年を・・・



最後まで、読んでいただいてありがとうございます♡♡♡
では、またお暇な時にでも覗いて下さいね σ(゚ー^*)

次回も読みたいなと思ったら、ランキングバナーの
Clickお願いします よろしく ♡♡♡

ランキングに参加中です✿
1日1回clickして頂くと、更新の励みになります♪
応援よろしくお願いします ♡
 
 

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
Cliquez ici.


Au revoir et à bientôt  

♫*:..。♡*゚¨゚゚・ Merci ♫*:..。♡*゚¨゚゚

                              suivre…
スポンサーサイト

 Nouvelles

- 0 commentaire

Merci pour ton commentaire !

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。