.

Bienvenu à mon blog.

tricolore de paris

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

21
2015  21:05:09

事件以降フランスで読まれている話題の本~


Bonjour(Bonsoir)

Coucou, ça va?


Okanです

すっかり忘れてた…  アチャ~!!
11月第3・木曜日、19日はボジョレー解禁日だった事

と、言っても
お高いので(苦笑)Okanは、毎年クリスマス前に船便の
ボジョレーを、お正月用と2本購入
(少し、熟成が進んでいるかも?)

今年の出来は?
「過去50年で最高」と、言われた2009年以上の出来だそうです
当たり年!!! (生産者の話)

ちなみに、解禁日が11月第3・木曜日になったのは
1985年(30年前)の事
丁度、バブルの頃ですね
波に乗って、日本でもヌーヴォーが大流行
ボジョレーの輸入量NO1は、やっぱりJAPON

早く飲みたい!!
サンテ~!!!


さて、テロから1週間が経った昨日は、フランス各地で
犠牲者の追悼が…
FBでは、犠牲者の遺族でジャーナリストの
Antoine Leiris(アントワーヌ・レリス)が投稿した手紙が
共感を呼んでいます


o-MESSAGE-TERRORISTES-BATACLAN-570.jpg

「金曜の夜、あなたたちは私にとってかけがえのない存在であり、人生の最愛の人である、私の息子の母親の命を奪ったが、あなたたちは私の憎しみを得ることはできない。あなたたちが誰なのかは知らないし、知りたくもないが、あなたちの魂が死んでいることはわかる。あなたたちが盲信的にその名の下に殺戮を行っている神が、人間をその姿に似せて作ったのだとしたら、私の妻の体の中の銃弾のひとつひとつが彼の心の傷となるだろう。

だから、私はあなたたちに憎しみという贈り物をしない。もっともあなたたちはそのことを望んだのだろうが、憎しみに対して怒りで応えることは、今のあなたたちを作り上げた無知に屈することを意味する。あなたたちは私が恐怖におののき、同じ街に住む人々に疑いの目を向け、安全のために自由を差し出すことを望んでいるのだろう。あなたたちの負けだ。何度やっても同じだ。

私は今朝、彼女に会った。ようやく、何日も幾夜も待った後に。彼女はその金曜の夜に家を出た時と同じように美しかった。12年以上も前に狂うように恋に落ちた時と同じように美しかった。もちろん、私は悲しみに打ちひしがれている。あなたたちのこの小さな勝利は認めるが、それも長くは続かない。彼女はこれからも毎日私たちと一緒にいるし、私たちはあなたたちが永遠に入ることのできない自由な魂の楽園で再会するだろう。

私と息子はたった二人になったが、それでも世界の全ての軍隊よりも強い。それに私はこれ以上、あなたたちに費やす時間はない。そろそろ昼寝から起きてくるメルヴィルのところに行かないといけない。彼はまだ17ヶ月で、これからいつものようにおやつを食べて、いつものように一緒に遊びに行く。この小さな男の子はこれからの一生の間、自らが幸せで自由でいることによって、あなたたちに立ち向かうだろう。なぜなら、そう、あなたたちは彼の憎しみを得ることもできないからだ。」

どう表現すればいいのか?  とても難しい…Okanには無理
翻訳は引用させていただきました


まさに、「テロに屈しない」ですね

そして
テロの現場で、祈りを捧げる70代のひとりの女性
TVインタビューで、“ある事”を話して話題に…


proxy.jpg
この、おばちゃん  ダニエルさん

フランスでは、ちょっとしたブームに

それは・・・

ヘミングウェイ 「移動祝祭日」“Paris est une fête”(原題)

移動祝祭日


ヘミングウェイが若かりし頃、1920年代のパリで過ごした回想録
あの「シェークスピア アンド カンパニー」も出てきます

Amazon・バイオグラフィーのカテゴリーで№1の売り上げだそう


If you are lucky enough to have lived in Paris as a young man,
then wherever you go for the rest of your life it stays with you,
for Paris is a moveable feast.

もし幸運にも、若者の頃、パリで暮らすことができたなら、
その後の人生をどこで過ごそうとも、パリはついてくる
パリは移動祝祭日だからだ 



うん!!!
「パリは、いつも私の傍にいる」

パリで暮らす事は、出来ない(叶わない)けれど…
一度でも、パリに行った事がある人なら
この言葉、納得ですよね
スゥ~ッ!! と、胸に入ってきます

Paris-est-une-fete-symbole-de-resilience-et-n-1-des-ventes_article_main.jpg


早速、読みたくなって…
図書館HPから予約を入れようと検索したら
オ~ ラ・ラ~
蔵書に無い(泪)
やっぱり!!  じゃ!! ないかなぁ~って、勘はしたけど…  
所詮、OSAKA郊外の小さな市ですから… 
ったく・・・

まっ!
次の週末は、OSAKA市内まで出る用事があるから
大きなBOOKOFFにでも、行ってみるかっ
(Okanは、古本で十分ですから) 


ちなみに、前回のブログで紹介した
ジョン レノン 「イマジン」
iTunesでダウンロードされた回数は第2位だそう

:シェクスピア アンド カンパニーの過去ブログ


最後まで、読んでいただいてありがとうございます♡♡♡
では、またお暇な時にでも覗いて下さいね σ(゚ー^*)

次回も読みたいなと思ったら、ランキングバナーの
Clickお願いします よろしく ♡♡♡

ランキングに参加中です✿
1日1回clickして頂くと、更新の励みになります♪
応援よろしくお願いします ♡
 
 

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
Cliquez ici.


Au revoir et à bientôt   Bon week-end!!!

♫*:..。♡*゚¨゚゚・ Merci ♫*:..。♡*゚¨゚゚

                              suivre…
スポンサーサイト

 Nouvelles

- 0 commentaire

Merci pour ton commentaire !

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。