.

Bienvenu à mon blog.

tricolore de paris

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

11
2015  16:52:17

明日(12日)ロダン美術館が再オープン


Bonjour(Bonsoir)

Coucou, ça va?


Okanです
今朝は、冷え込みましたね
でも、昼間は穏やかに晴れて気持ちの良い事
プチ久し振りの太陽です


今日(11日)のフランスは、第1次大戦休戦記念日
(Armistice  de 1918)の、祝日
残念な事に… 水曜でした
木曜日だったら、金曜日に休みを取り、橋を掛けて
(Fairelepont)4連休にするのに、残念でした!!!

ちゃんと働けよ、フランス人!!


そして明日(12日)は、ロダン美術館が改装(修)工事を
終えて、再オープン

254px-Le_musée_Rodin

この日は、ロダン生誕175周年でもあるそうです
joyeux anniversaire
明日の入場はフリー(無料)です

美術館の建物は1908年から亡くなるまでの10年間、ロダンが
アトリエ兼住居として暮らしていた「ビロン邸」(Hotel Biron)

1911年にフランス政府がビロン邸を買い取ることとなった時に、
この館を気に入っていたロダンが、自己の作品やコレクションを
国家に寄付するので、美術館として残して欲しいと提案した。
ロダンの死後の1919年に開館
‐Wikipedia‐より


元々、個人の住宅だっただけに、美術館としては狭いけど
コンパクトなだけに見学はしやすいです

また、違った視点で当時の館を見学できるのも、面白いかも
(床材や、窓・ドア・壁や天井の装飾など…)

なんと言っても、ここの魅力は広大な庭です
小さな教会まであります

手入れの行き届いた庭に、噴水から聞こえてくる水の音
ここが、パリの真ん中だって事を、忘れてしまいそうになります

「地獄の門」「考える人」「バルザック像」
「三つの影」「カレーの市民」は、庭に配置され、自然の中で
観る彫刻はまた違った印象


舐めてちゃいけない
見学は、結構な時間が掛かります


「時間が無いわっ!!」  って人は…
庭園のみの見学も可能
一般 2€、18~25歳 1€、18歳未満無料

庭が広くて、喉が渇いたり・お腹が減っても大丈夫
ちゃんと、ガーデンにはカフェまであります

ササッと彫刻を観て庭を散策し、ここでお茶や食事をするのも
“あり”かも
綺麗な庭に癒され、優雅で贅沢な時間になりそう


rodin-penseur1.jpg

最寄駅、13号線Varenne のホーム


最後まで、読んでいただいてありがとうございます♡♡♡
では、またお暇な時にでも覗いて下さいね σ(゚ー^*)

次回も読みたいなと思ったら、ランキングバナーの
Clickお願いします よろしく ♡♡♡

ランキングに参加中です✿
1日1回clickして頂くと、更新の励みになります♪
応援よろしくお願いします ♡


にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
Cliquez ici.


Au revoir et à bientôt

♫*:..。♡*゚¨゚゚・ Merci ♫*:..。♡*゚¨゚゚

                      suivre…                             
スポンサーサイト

 Nouvelles

- 0 commentaire

Merci pour ton commentaire !

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。