.

Bienvenu à mon blog.

tricolore de paris

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

05
2014  21:55:56

ヴェルサイユ宮殿 王妃の寝室 (Chambre de la Reine)



Bonjour(Bonsoir)


サ・ヴァ~?(Coucou, ça va?)


ヴェルサイユ宮殿の中でも、「鏡の回廊」の次に人気のあるスポットは
王妃の寝室 (Chambre de la Reine)ではないでしょうか


DSC01163_convert_20141105144936.jpg

歴代3人の王妃が使用し、最後のこの部屋の主となったのは
言うまでもなくマリー・アントワネット


fc2blog_20141105162553801.jpg

ヘッドボードにはイニシャルM・Aの文字が  (ローラ・アシュレイぽい)

DSC01167_convert_20141105163724.jpg

壁紙じゃなく、ゴブラン織り? 布が壁に貼ってあります


公開されている家具や装飾は、マリー・アントワネット時代の
もので、1980年に復元されました

この、ベッドで公開出産が行われ19人の王の子供達が産声を
上げました

公開出産なんて、ちょっと言葉の響きがインパクト大
引いてしまいますが・・・

数々の陰謀が渦巻いていた当時は、世継ぎである出産した子を取り
替えたりしない様に、公の場で出産するのは当たり前に行われていま
した  (もちろん、日本だって)

この時代、高貴なお方にはプライバシーなんて有りません


d0210324_5484159.jpg


王妃のベッドの後ろ側の壁には2つの隠し扉が付いています

ベッドに向って、左後ろにある隠し扉を開けると小さな部屋が
3つ(召使いの作業場) その3部屋を抜けると、『牛眼の間』
この廊下は、王妃と王の居殿を結ぶ廊下だったんです

10月革命の折には、命拾いした隠し扉です

fc2blog_20141105154113864.jpg
拝借画像

国民からプレゼントされた宝石箱
マリー・アントワネットは大喜びしたとか

Okanには、タンスにしか見えませんけど・・・w (笑)


205_convert_20141105144544.jpg

女子好みのソファー

DSC01166_convert_20141105145318.jpg




CIMG3540-91669.jpg
大食卓の控えの間 Antichamble du Grand Couvert

マリー・アントワネットと子供たちの肖像画
(ヴィジェ・ルブラン作)

絵の完成前に亡くなったソフィー王女、無人のベビーベッドには
黒い布がかけられています

DSC01174_convert_20141105203402.jpg




DSC01176_convert_20141105203543.jpg


「戴冠の間」 Salle du Sacreにあるダヴィット作「ナポレオン1世の戴冠式」
こちらはダヴィット本人の手によるレプリカ
オリジナルはルーヴル美術館所蔵



Okanはちょっと、花柄が苦手
って言うか・・・

はっきり言って、好きじゃない

キャス・キッドソンなんて考えられない女です
金ピカで花柄なこの部屋は、きっと一日で飽きてしまうだろう

目まいがしそう


☆★☆鏡の回廊のおまけ☆★☆

a22cceedef7b2ff7_S2.jpg

鏡の回廊からは↑の景色が見えます
これは、ちゃんと計算されていて、窓からグラン・カナルに
沈む夕陽が見る事が出来て、水面や回廊の鏡にキラキラと反射し
部屋がオレンジ色に染まります

夕刻の「鏡の回廊」 は、とても美しく、ため息が出る程・・・

朝一が無理なら是非、夕刻の回廊へ行ってみては如何でしょう


では、またお暇な時にでも覗いて下さいね σ(゚ー^*)

Au revoir et à bientôt



またね~(@^0^)/~

                                A suivre...

最後まで、読んでいただきありがとうございます
こちらをclickして頂くと、更新の励みになります
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


 
スポンサーサイト

 Voyage à Paris

- 2 commentaire

pm  

こんにちわ

初めてお邪魔させていただきます。
ベルサイユ宮殿素敵ですね。
pmは中学生の時に漫画のベルばらに嵌ってからずっと憧れの世界ですが、ベルサイユ宮殿はおろかフランスにも行ったことがないおばさんです。
Okanさんは花柄が苦手だそうですね。pmは好きですよ。
かのアントワネットは特に青い花柄のドレスが好きだったとか。

以前どこかの展覧会でアントワネットの旅行用のお化粧セットみたいなのが展示されていましたが、爪切りやブラシなど全てが可愛いくて素敵でした。
アントワネットの髪の毛(と言われている)が透明の容器に入ったペンダントも見たことがありますが、綺麗なブロンドでした。

pmもいつかはフランスに行き、着物を着てベルサイユ宮殿に行きたいですね。
早く実現させたい夢です。



2014/11/06 (Thu) 22:23 | EDIT | REPLY |   

Okan  

Re: こんにちわ

pmさん

ご訪問、ありがとうございます

ヴェルサイユ宮殿、素晴らしかったですよ。

また、この次があるのなら・・・
今度は是非、le Petit Trianonや王妃の村里 (Le Hameau)にも
行ってみたいです。

着物でヴェルサイユはいいアイデアですね!

pmさんも、ヴェルサイユに是非いらして下さい
(ガイド付きのツアーしか入れない部屋も有るそうで、予約をした方がいいかも知れません)

ランキングサイトへ参加してます。
宜しければ、バナーへクリックお願いします。

これからも、『tricolore de paris』 を、どうぞよろしく^^


2014/11/07 (Fri) 20:40 | EDIT | REPLY |   

Merci pour ton commentaire !

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。