.

Bienvenu à mon blog.

tricolore de paris

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

20
2013  22:10:30

カナル・サン=マルタン(canal saint-martin)クルーズ

Bonjour(Bonsoir)


さて、今日は今回滞在中の目的のひとつ
サン・マルタン運河クルーズに出かけます (。→∀←。)


セーヌは今までに3度乗船したけど(友人と・ハネムーンで・家族旅行で)
サン・マルタンは始めて o(●´ω`●)oわくわく♪



滞在先のアパートが運河の目の前なのでクルーズ船が通ると
アパートのバルコニーに出ては船に乗ってるツーリストに手を
振ったりして、すっかり気分はパリジェンヌ  やほ━━(●・v・○)ノ━━ぃ♪y

クルーズ船は2社運航してて

・パリ・カナル社 Paris Canal (Musée d'Orsay⇔ Bassin de la Villette )
・カノラマ社 Canauxrama(Port de l'Arsenal ⇔ Bassin de la Villette)
 どっちも16€ 


パリ・カナル社のラ・ヴィレットからセーヌへ出るコースが人気があるみたい

Okanはバスティーユのアーセナル港から乗船

カナル・サン=マルタン クルーズ
この先に、乗船窓口(チケット売り場)がある              お借りした画像です



って言うか乗船できました

と…

言うのも事前に予約を入れないとアカンのは知ってたけど…

うん十年前、元・ツアー添乗員だったMrs.Jが
大丈夫だろうと言うので…

 
でも…

みんな何か紙を持ってる
「あっ…やっぱり予約しなアカンのや」(´・ω・`)ショボーン


取りあえず並んで窓口で聞いてみる事に


みんなバウチャーを差し出し、窓口のおばちゃんはリストをチェック
お金を受け取りチケットとガイド紙を渡し の、繰り返し


Okan達の番、予約してないと言うとキャンセル待ちで乗れるかもって事 
(。≖ิ‿≖ิ) ニヤッ



じゃ~あ、待ちます  ε=(‐ω‐;;)




列から外れチケットを持って乗船する人達を見送り (*・x・)ノ~~~



でも  (ノд`@)アイター

後から

来るは・来るはバウチャー持って

中には持ってないグループも… (どうやらアメリカ人らしい)


そしてOkan達と一緒に列から外れお見送り (*・x・)ノ~~~


8月、世界中がバカンスシーズンなのに予約も取らずに甘くみてた
なんてマヌケな列から外れたアメリカンとOkan (*´Д`)=3ハァ・・・  


出航の時間が近づきおばちゃんがOkan達二人とアメリカン五人組
(若夫婦・孫・シニア夫婦)らしい
をこっちへ来いと手招き



よっしゃぁ~ 乗れるじゃん \(@^0^@)/やったぁ♪

Canauxrama
あの先のトンネルを通ってRépublique迄は地下水路       お借りした画像です

良かったキャンセル出たよ、



だってこの日もほんと暑かったパリにしては珍しく連日の30℃超え (;´ρ`) グッタリ
(32~33℃位かな)
緯度が高いせいか太陽も日本とは比べ物にならない位熱い



そうです、きっと暑いからクルーズするには厳しいからキャンセル出たんだなぁ~



さて船に乗ります見晴らしのいい2階はパス 暑いから無理(クルーズは2時間半)


1階は満席状態、当然窓側(窓は無いけど)は空いてない
だから、船の真ん中の通路側の席に着席、誰も座りたがらないハズレの席
(o´_`o)ハァ・・・


しかし、これが正解良かった通路側で写真撮るのに動き回れる


船の中では、しょぼいバーカウンターの様な物があって
ドリンクが飲める、トイレもあります



  今日の教訓

  ※ バカンスシーズンは要予約
    (オフ・シーズンは大丈夫そう、でも予約した方がベスト)

  ※ 席は、絶対通路側                           
                          以    上


カナル・サン=マルタン

Okanのアパートから撮ったサン=マルタン運河

                  カナル・サン=マルタン


サン=マルタン運河(Canal Saint-Martin)

  パリ北部のラ・ヴィレット貯水場からバスティーユへ南下し途中のレピュブリック
   からは地下水路になってバスティーユのアーセナル港そしてセーヌへ出ます
   運河が開通した事で重量のある資材等が運搬出来る様になり工業化が一気に
   進みパリ郊外に工業・産業地帯が誕生し同時に沢山の低所得の労働者も、そしてそれが
   後の 様々な運動や改革のエネルギーに



次は、いよいよ出航です  ヮクd(*^0^*)dヮク



では、またお暇な時にでも覗いて下さいね σ(゚ー^*)


Au revoir et à bientôt


またね~(@^0^)/~


                                  A suivre...








スポンサーサイト

 Voyage à Paris

- 0 commentaire

Merci pour ton commentaire !

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。